ラシックス40mg
×

ラシックスにも副作用があります。命に関わるほどの大きなものはないですが、副作用が発生したときに落ち着いて対処できるよう、ラシックスの副作用について知っておきましょう。

ラシックス40mg

簡単にむくみを解消するなら

⇒ 詳細はこちら

ラシックス40mg

ラシックスの副作用

ラシックスは利尿作用によって、むくみや高血圧を改善させる利尿薬です。ラシックスの副作用として、口渇、倦怠感、脱力感、めまい、吐き気、頭痛、食欲不振、味覚異常、などがあります。重大な副作用としては、血圧が下がりすぎることにより起こるショック状態、アナフィラキシー様症状、再生不良性貧血、間質性腎炎、などがあります。怖いのは、肝臓や腎臓へのダメージです。

もともと腎臓が健康だった人でも、ラシックスの力に頼ってそれだけで尿を出し続けていると、自力で尿を作る力がなくなってしまうことがあります。そのため、健康だったにもかかわらず人工透析が必要になるなどの危険性があります。また、過剰投与は血圧を下げ過ぎてしまい、ショック状態で心肺停止を引き起こしてしまう危険性があるので気をつけましょう。また、飲むとすぐに尿意を感じるので、運転前や就寝前、出かける前などのすぐにトイレに行けないシーンが予想されるときには使わないようにしましょう。夜に飲んでしまうと、何度もトイレに起きて寝不足になってしまうことがあります。また、血圧低下に伴い、めまいやふらつきが起こることがあります。なので、高所での作業や運転などの危険が伴う作業は避けるようにしましょう。お酒と一緒に飲んでしまうと、さらに利尿作用が強く出て脱水症状を引き起こす危険性があります。

また、解毒作用が弱まってしまい、血液中の薬の濃度が高くなってしまうことがあるので飲酒は避けましょう。気をつけたいのが、カリウム不足です。カリウムなどのミネラルが尿と一緒に排出されてしまうので、カリウムが不足することがあります。これに対しては、野菜や果物などのカリウムを多く含む食品を摂取するようにしましょう。カリウム製剤を併用しても構いませんが、できるだけ食品から摂取するのが望ましいです。

ラシックス服用の際の注意点

服用の際の注意点として、次のような人は禁忌になっているので使うことができません。無尿の人、肝性昏睡の人、体内のナトリウムとカリウムが減少している人、スルフォンアミド誘導体に対して過敏症の既往歴がある人、です。他にも、腎障害や肝機能に障害がある人、高齢や妊婦、子供など医師の判断を仰ぐ必要があるケースもあるので、自己判断で使わないようにしましょう。

ラシックスは医師の診察を受けて処方してもらう医薬品ですが、最近ではネット通販でも簡単に手に入るようになっています。買って使うのは全く違法ではありません。しかし万が一禁忌の対象になっていたり、考慮の対象になっていると危険を伴う可能性があるので、気をつけましょう。ラシックスは一時的なむくみの改善などには有効ですが、利尿作用が強く効果が出すぎる場合もあるため、長期に渡っての服用については医師に相談することも検討しましょう。

トップバナー

ラシックス40mg 1シート

1,280円

ラシックス40mg 3シート

1,981円