ラシックス40mg
×

このページではむくみ解消に効果のあるラシックスという薬について説明していきます。ラシックスはフロセミドという成分で出来ており、このフロセミドには強い利尿作用があるため、むくみは簡単に治まると言われています。

ラシックス40mg

簡単にむくみを解消するなら

⇒ 詳細はこちら

ラシックス40mg

ラシックスという医薬品

朝は何も感じていなくても、夕方になるにつれて足がパンパンにむくんで「重だるい」というむくみの症状。「夕方に足がむくむのは仕方がない」と、あきらめている方が多いようですが、実はむくみを放置すると、大きな病気に繋がってしまう可能性もあると言われています。この不快な症状を改善させるためには、「ラシックス」という医薬品が有効であるとされており、病院でもむくみの治療薬としてよく処方されています。放っておくと血圧が上昇しやすくなったり、心臓に負担が掛かってしまう可能もあります。

むくみといえば、女性特有の症状という印象が強いですが、最近ではパソコンでのデスクワークなども多くなったうえに、運動をする機会も少なくなっていますので、男性でもむくみが気になるという方が多く見られるようになりました。むくみが気になる場合には「ラシックス」を上手に活用して、少しでも早く余分な水分を体外へ排出させて体調を整えるようにしましょう。

ラシックスの効果
ラシックスは高圧利尿剤に分類されている薬であり、名前の通り利尿作用を起こすことによって血圧を下げ…続きを読む
ラシックスの副作用
ラシックスは利尿作用によって、むくみや高血圧を改善させる利尿薬です。ラシックスの副作用として、口…続きを読む
ラシックスを通販サイトで購入
ラシックスは、利尿作用を促し、むくみを取って、血圧を下げる薬です。尿量を増やすことによって、水分…続きを読む

ラシックスの成分

ラシックスの主成分は「フロセミド」です。フロセミドには、強い利尿作用がありますので、普段よりも尿の頻度や量が増えます。体内の余分な水分やナトリウム、カリウムなどを排出しているだけですので、脂肪が減っていくわけではありませんが、余分な水分を排出させますので体重が落ちたり、むくみが取れて見た目がスッキリとシャープな印象になると言われています。そのため、ラシックスを定期的に服用していると「2㎏前後痩せたような印象になる」と、多くの女性から注目されている医薬品でもあります。

ただし、ラシックスはサプリメントではなく、あくまで医薬品ですので、過剰に摂取したり依存するのではなく、きちんと用量や用法を守って正しく服用することが大切です。そのほかにも、むくみがなくなると身体の「重だるさ」や疲労感も軽減しますので、精神的にも助けられる部分が多いのではないでしょうか。とくに女性の場合は、生理前後には腰痛や腹痛などの肉体的な痛みだけではなく、イライラやPMSなどの精神的な負担も大きくなってきます。そのうえ、むくみで身体がだるくて疲れやすいとなれば、仕事や日常生活にまで支障をきたしてしまう場合もあるでしょう。そのような場合には、決して無理をせずに「ラシックス」のようなむくみを取ってくれる医薬品に頼るようにしましょう。体調面での不快な症状を取り除くことで、精神的なイライラやPMSの不快な症状を軽減させることができますので、生理期間中のつらい時期も明るく過ごすことができるようになります。

普段、日常生活に影響するほどのむくみがあるという場合には、用量を守りながら定期的に服用されてみてはいかがでしょうか。また、男性の場合でも、立ち仕事やデスクワークが多く「疲れが残りやすい」という場合や、前夜にお酒を少し飲みすぎたり、塩分の多い食事を取りすぎたという場合には、すぐに顔のむくみを取ることができますのでお勧めの医薬品です。

ラシックスの服用方法

ラシックスの服用方法は、通常、成人にはフロセミドとして1日1回20mg を静脈注射、または筋肉内注射をします。ラシックスは、錠剤として10mg、20mg、40mgのほかに、細粒4%、カプセル40mgなどさまざまな種類がある医薬品ですが、用量は年齢や症状によって異なるため、それらを考慮のうえ適宜増減して用いられ、腎機能不全等の場合には、さらに大量を用いられる場合があります。ただし、 悪性高血圧に用いる場合には、通常、他の降圧剤と併用することとされています。

ラシックスを服用すると、尿の量が急激に増加しますので、夜の服用は避けるのが一般的となっています。体質によっては、夜に服用することで眠りが妨げられてしまう場合もありますので、その場合には昼に服用することを勧められる場合もあります。内服を始めた際には、日常生活でも尿の量の増加に注意をはらう必要があります。 一般的には、ラシックスを内服すると約30分から1時間程度で作用しますので、それ以降の時間に外出する場合には、万一に備えて、下着の替えを用意しておいたり、あらかじめトイレの場所を確認しておくなどの対策が必要になります。

また、血圧が下がりやすくなりますので、めまいを起こす可能性もあります。服用後には、車の運転や高所での作業は控えるようにしなければなりません。 高齢者の場合には、とくに服用に注意が必要となる医薬品です。また、内服することでナトリウムとともにカリウムも一緒に排出されてしまいますので、果物や野菜類を意識して食べるようにし、カリウム不足を防ぐことも大切です。

また、薬が効き過ぎた場合には、尿の量も増えてしまうことから、脱水を引き起こす場合がありますので、普段よりもこまめな水分補給が必要となります。内服の場合には、必ず処方された用量を守ることと、できるだけ少量の服用から始めて、徐々に服用量を増やしていくことをおすすめします。

ラシックスが出来た経緯

ラシックスとは、おもに腎臓の尿細管での塩分と水分の再吸収を抑えて尿の量を増やすことで、体内の余分なナトリウムや水を体外へ排出させて取り除く医薬品です。むくみなどの不快な症状を改善させるだけでなく、血圧を下げてくれる働きもありますので、高血圧症、悪性高血圧、尿路結石排出促進の治療に用いられています。なかでも、浮腫の治療に用いられることが多く、心性浮腫や腎性浮腫、肝性浮腫、脳浮腫のほか、女性の生理前のむくみ治療にもよく使われています。

ヘンレのループにおいてNa+とCl-の再吸収を阻害する「ループ利尿薬」に分類され、そのなかでも代表的な薬であるとされています。

ラシックスの主な成分は、「フロセミド」という水には殆ど溶けない白色結晶性の粉末で、経口投与だけでなく筋肉注射でもすぐに吸収され、血漿蛋白との結合率も高く肝臓や腎臓以外の組織にはほとんど分布していません。即効性があり、強力な利尿作用がある成分ですが、作用時間は短いのが特徴です。静脈注射では5分以内、経口投与でも約1時間後には効き始めますが、用量は患者によって異なります。フロセミドが発見されたのは1962年で、日本では1965年5月10日に発売されました。

フロセミドが開発された経緯は、1923年ドイツにあった製薬会社の研究室で有機水銀利尿剤マーサリルが開発されて以来、水銀利尿剤が浮腫の治療として主に用いられてきましたが、スルフォンアミド剤に利尿作用のあることが発見されて以降は、炭酸脱水酵素抑制剤であるアセタゾラミドが治療薬として登場し、次に異環ジスルフォンアミドのチアジドが開発されて治療に用いられるようになったものの、それでも最大のナトリウム利尿作用を得ることができませんでした。その後も、研究室で数多くの製剤の研究を重ねているうちにアントラニル酸誘導体フロセミドがチアジド系利尿剤として優れた利尿作用がある成分であることが分かりました。

ラシックスを作っている会社

上記で記載したような経緯でラシックスは出来ました。現在、ラシックスを製薬している会社はサノフィ・アベンティスというところです。サノフィ・アベンティスはもともと、サノフィ・サンテラボ株式会社とアベンティスファーマ株式会社という2つの会社の合併で発足しました。サノフィ・アベンティスはパリ(フランス)に拠点がある製薬会社で、現在では日本にも支社があり、世界各国、100カ国以上も(2014年度)拠点を広げているグローバルな会社です。2009年には医療品の販売市場において第3位となる293億600万ユーロの売上を達成しており、さらに総従業員数は2014年度で11万人以上という、とても大きく実績の高い製薬会社です。

日本における取り組みとしては糖尿病に効果のある医薬品の開発や提供に力を入れていて、今回当サイトで紹介したラシックス(フロセミド)もその開発の一部です。ラシックスによる利尿作用のおかげでむくみを気にせず生活出来るようになったという方も多く、日本人にも大きな影響があると言えるでしょう。

トップバナー

ラシックス40mg 1シート

1,280円

ラシックス40mg 3シート

1,981円