ラシックス40mg
×

むくみ(浮腫)解消についての情報をお届けします。顔や手足のむくみ、その原因と解消法は?食べ物や飲み物での改善や、サプリ や漢方、薬などを使った解消法、さらにむくみ解消に役立つグッズや薬は通販で購入できるのか、などを調査しました!

ラシックス40mg

簡単にむくみを解消するなら

⇒ 詳細はこちら

むくみ(浮腫)とは

足がパンパンに張っていることはありませんか?この症状は医学的には浮腫という名称が付けられていますが、一般的にはむくみと呼ばれています。浮腫とは、本来血液の中に存在しているはずの水分が血管やリンパ管から漏れ出し、顔や足などの皮膚組織の下に溜まってしまった状態を指します。特に体調が悪くなるなどの弊害は無いため軽く見ている人も多いのですが、実はむくみは様々な病気が原因となって引き起こされているケースもあるので油断は禁物です。

症状の一つにむくみが起きる病気としては、心臓病や甲状腺の機能低下症、肝臓病などが挙げられます。また、足を流れる大きな血管である静脈に瘤が出来ている場合も症状が出やすくなります。心臓や腎臓などの病気が原因となっている場合は、ある程度病が進行してから浮腫が頻発するようになります。初期症状として起きることは稀ですが、あまりに気になる場合は早めに病院を受診したほうが良いでしょう。静脈瘤の場合は、外から見ても歪な形に盛り上がった血管が分かるようになるので、自分の足にこういったものができていればすぐに治療を受ける必要があります。

このように、むくみは身体に重大な影響を与える病が隠れている可能性もあるため、たかがむくみと思って放置していては手遅れになってしまうケースもあります。このようなことを防ぐためにも、どのようなメカニズムで発生するのか、どのようなタイプの人がなりやすいのかなど、詳しい情報を知っておくようにしましょう。

むくみ(浮腫)やすい時間ってあるの?

夕方になると、ふくらはぎが腫れぼったく張ってしまうという経験をしたことのある人も多いでしょう。むくみと時間は深い関係があります。むくみは先程説明したとおり、余分な水分が身体の皮膚の下に溜まった状態を指します。朝起きた時は水分が平均的に身体に溜まっているためそれほど目立ちませんが、起床後活動している間に徐々に重力によって水分が足の方に溜まっていくため、時間が経つごとに足に症状が出るというパターンが多くなります。症状が酷い人は、朝履いてきた靴が履けなくなるなどまるで象の足のようにパンパンになってしまうこともあります

また逆に、寝て、起きた瞬間と夕方活動している間では、起きた瞬間のほうがむくんだ状態になっているのが顔です。普段顔や頭は人間が立ち上がった時に一番上にくるため、余分な水分はどんどん下に降りていきます。

しかし朝は顔や頭の方にも水分が流れてしまっているため、顔などは朝のほうがむくみやすい状況にあります。このように、1日の時間の経過によって、むくみやすい場所、むくみの箇所などが変化していくため、自分のむくみの状況を把握するには時間も気にしてみるのがいいでしょう。

むくみ(浮腫)やすい体質と性別

むくみには、体質や性別などによって症状が出やすい人とそうでない人の特徴がある程度決まっています。一般的に、男性よりも女性の方が症状が出やすく、肥満ぎみの人や年齢を重ねている人もむくみやすいとされています。性別によって差があるのは、やはり筋肉量に違いが大きいためです。足の筋肉が少ないと血液をうまく心臓へ戻せないため症状が出やすくなってしまいます。女性は体質的にもともと筋肉量が少ないうえ、無理なダイエットなどで過剰に痩せている人も多いのも原因の一つになっています。さらに、女性はホルモンの影響でも症状が起こりやすくなります。毎月の生理の時期になると、女性ホルモンのバランスが大きく変化します。この影響で血管が広がりやすくなり、体内に水分が存在しやすい状態になっているのです。妊娠すればさらに女性ホルモンが多く分泌されるためこの傾向が強くなり、今までに見たことがないくらい症状が出てしまう人もいます。

また、肥満気味の人は皮下脂肪が非常に多く、その割に筋肉量が少ないためエネルギーの燃焼が低下して体が冷えやすくなります。こうなると血流が滞りやすくなり、時間が経っても水分が一箇所に溜まってしまうため水分の浸出が多くなります。

しかも内臓脂肪が心臓に多く付くこともあり、血液を送り出したり引き上げる機能が低下して足に血液が溜まりやすくなるため、浮腫が出やすくなります。

また加齢によって代謝が落ちて太りやすくなることや心臓などの各種機能が低下してしまうこと、筋肉が落ちてしまうことなど様々な要因が症状を誘発することにつながります。このように、むくみになりやすい人には様々な特徴があります。もちろん、当てはまる人が全てむくみの症状が出るというわけではなく、運動や生活習慣の改善で予防することも可能なので、積極的に対策を行うようにしましょう。

ラシックス40mg【3シートセット】

むくみ(浮腫)解消前に気をつけること

足のむくみに悩まされている女性は数多くいることでしょう。女性だけでなく、外歩きの仕事が多い男性の中にもむくみに悩まされている人はいます。長時間立ち続けていると足がむくんでくるのは、足の血液を心臓に戻すために、重力に逆らわなければならないため、大きな負担がかかるからです。靴がきつく感じたり、靴下のゴムの跡がはっきりついたり、指で押さえた時にその跡がなかなか戻らなければ、それはむくみであるといえます。むくみの症状があらわれた時には、その解消のために対策を練らなければなりませんが、解消前にそれが病気によるむくみではないか検査することも重要です。むくみがあることに気づいた時には、一日中持続するものなのか、何日も続くものなのか、急に体重が増えていないか、顔やまぶたはむくんでいるか、階段などで息が切れないかなどに注意しましょう。

これらの症状があるようであれば、医師の診察を受けた方がよいといえます。反対に夕方にむくむけれども翌朝には戻っている場合には、ほとんどの場合心配はないといえます。むくみが起こる病気の代表的なものは、心臓病や腎臓病、肝臓病や甲状腺機能の低下などがあげられます。心臓病の場合には、心不全があると余分な血液が肺にたまるため、むくみやすくなります。この症状が出る前に階段などで息切れが起こるようになったり、就寝後に胸が苦しくなることもあります。腎臓病や肝臓病の場合は、血液中のタンパク質が減少することでむくむようになります。

また腎臓病や肝臓病の場合、手足だけでなく全身にむくみの症状があらわれるのが特徴です。これら以外にも、女性ホルモンの影響で、更年期以降の女性にむくみの症状があらわれることもあります

むくみのせいで体重が増加するって本当?

ぷよぷよと柔らかい腕の肉をつまんで、「水太りだから、サウナにでも入ろうかな」などと冗談を言ったことはありませんか。また、「これは脂肪じゃない、むくんでいるだけ」なんて、うそぶいたことのある方はいませんか。でも、そのむくみ、本当に体重が増加する原因となることもあるのです。「え、むくみで体重が増えるの!?」と驚かれるかもしれませんが、実はその通りなのです。むくみのせいで体重が増加することがあるのです。

人間の身体はだいたい1日に2リットルから2.5リットルの水分を排出していると言われています。むくみとは、この排出されるはずの水分が何らかの事情で体内に留まっている状態ですから、単純に考えればこの2リットル分、体重が増えると考えられるわけです。だからと言って、ダイエット目的で水分摂取を減らそう、という考えはおすすめできません。飲んだお水の量で身体がむくんだりむくまなかったりするわけでは、決してありません。そもそもむくみは代謝が落ちたり、あるいは塩分の摂り過ぎや生活上の様々な原因から水分の排出が上手くいかなくなると、細胞間に排出されずに残った水分が溜まってしまうのが原因です。身体に不要なものを溜め込んでいれば、自然に身体は太りやすくなり、体重も増加することでしょう。そのため、口から入った水がそのままむくみになって太る、という単純なお話ではないのです。

たかがむくみと放っておくと、ますます代謝の悪い身体になり、やがては水分だけではなく、しっかりと脂肪分も蓄えてしまう、というとこにもなりかねませんので、今一度、自分の身体がむくんでいないかどうか、確かめることも必要です

ダイエット目的でむくみを解消して体重を減らそう

それでは、むくみを解消して、代謝の良い痩せ体質になるにはどのような点に注意したらよいでしょうか。代謝の低下には、血流の悪さやリンパの流れの悪さが関係しています。健康な身体であれば、水分を摂り過ぎてもリンパがその水分を流して、外に出してくれるのです。

ところが、血液の流れが滞ったり、リンパの流れが悪くなったりすると、本来なら外に出るはずの水分がいつまでも身体の中に居座ってしまいます。この血流やリンパの流れの悪化には身体の冷えが関係しています。

むくみをとるには、まずは冷えを改善する必要があるのです。身体の冷えをとるには、適度に身体を動かしたり、お風呂に入って身体を温めることが有効です。最近はシャワーのみで済ませる人も多いのですが、ゆったりと湯船に浸かって、身体を温めるようにしましょう。そして、軽い運動などを行い、血流を良くするようにしましょう。

また、お腹や手足を冷やさないよう下着など身に着けるものを工夫したり、冷房の効いた室内ではひざ掛けを利用することも大切です。次に冷え対策で注意したいのが、食生活です。ダイエット目的で、極端に食べる量を減らしたり、単品ダイエットで同じものばかりを食べたりする人が時々見られますが、代謝の点から言えばあまりおすすめできません。例えばタンパク質を十分に摂取しないでいると、代謝が落ちてしまい、ますますむくみやすい、太りやすい身体になってしまうからです。砂糖を使ったお菓子や塩分の多いスナック菓子など、間食は控える必要がありますが、三度の食事はタンパク質やビタミン、ミネラルなどバランス良くきちんと食べましょう。特に、タンパク質と根菜類など身体を温める作用のある野菜は、しっかりと摂って下さい。冷えを改善することでむくみが改善され、結果的に代謝の良い、太りにくい身体になっていくのです。水分をたくさん摂ったから、むくみがあって当たり前、そんなふうに考えるのはやめましょう。

むくみは身体の大切なサインであり、そして自分で改善できるものなのです。身体のサインを見逃さず、しっかりと対処してすっきりボディを目指しましょう。